3年遅れで12インチMacbookに惚れた

ちょっとした物欲で、12インチMacbookをメルカリで5万でポチった。

2017年モデルの Core m3のやつなので、Dockerを動かして開発するとかには多分向いていないのは承知の上で購入。

こいつが、思いの外めちゃくちゃ自分には重宝しそうだ。

なぜ惚れた?

キーボードがおもったよりもマシ

12インチMacbookは、キーボードがあの悪名高きバタフライキーボード。

使い心地については最悪に近いものだけど、それでも2016のMacbook Proに比べると多少はマシ。会社のMacbook Proの最悪のキーボードに慣れてしまった身として、12インチMacbookのキーボードは「思ったよりもマシ」だ。

想像以上に(物理的に)軽いし、サッと開けてパッとつかえる

ASUSの軽いChromebookを使ってた時期もあるので、1kgを切る軽いPCというだけではあまり驚かないのだけど、実物を実際に持ち歩くと、体感的にはChromebookよりもだいぶいい。

ASUSChromebookよりもひとまわり薄くて軽い。さらに、開けるときのヒンジの硬さがChromebookでは(タブレットとしても使える、みたいな構造ゆえ)かなり力が必要だったのに対し、12インチMacbookはラップトップでしかないのでヒンジが軽い。

片手で取り出して、サッと開いて膝の上にのっけてブラウザひらいて、ググって調べたら閉じて、くらいはエレベータ待ちの間に容易にできるのが地味に嬉しい。(こういうスキマ時間の有効活用が個人的に好きなだけだが)

iPadよりも12インチMacbookのほうが自分の用途にあってる

これが最大のポイント。12インチMacbookを使うようになると間違いなく使わなくなるのがiPadだ。

iPadOSはキーボードをつかうとほぼPCの操作感にはなるものの、やはりmacOSには遠く及ばない。特に自分の場合は、karabiner-elementsを入れてキーカスタマイズしてたりもするので、Appleのデフォルトのキーを強制されるiPadOSは論外だ。

iPadApple Pencilと組み合わせたら最高のメモツールじゃないか!」

・・・そう思った時期が私にもありました。

自分は特段に絵心があるわけでもないし、 思考整理だったらiPadの手書きメモじゃなくてSketch使ったほうがいいと、すぐに気づいた わけです。

最近は、puppeteer-rubyを熱心に開発していたりもするので、まじでiPadじゃなくて軽いPCのほうがコードもVSCodeで難なく書けるし最高。

iPadはメルカリで売ることにしたw

Silicon macが登場しても、12インチ Macbookの価値は健在

エンジニアとしていろいろあるBigSurだが、モバイル用途では実は結構いい。

Wifiの接続がものすごく速い(気がする)のは特筆すべき点と思う。

iPhoneとのテザリングが、iPadであればWifi設定開いて "YusukeIwakiのiPhone" が出るまで30秒くらい待って、10秒くらいかけて接続するので、ゆうに1分弱かかる。

12インチMacbookだと、ブラウザを開いて起動を待っている間にWifiをタスクトレイから開いて接続。長くても10秒程度あれば iPhoneとのテザリングができてブラウジングが開始できる。

今回のシリコンマックの発表ではPro/Airしか出てこなかったこともあり、12インチMacbookはモバイル用途では最適だ。

puppeteer-rubyくらいなら12インチMacbookでも開発できるー!

Dockerを使わず、普通にネイティブでRubyRSpecを動かしてブラウザ自動操作するくらいなら、12インチMacbookで十分。

f:id:YusukeIwaki:20201112011849p:plain

スキマ時間にpuppeteer-rubyのspecをちょっとずつ書いていくぞ〜〜

まったく新しいmac OS Big Sur betaにした結果

macOS Big Sur betaは初期から使ってみてたんだけど、beta6にしたらDockerまで使えなくなってしまったので、衝動的に

こんなTweetしたら思いの外リツイートされまくってしまった。 事実ベースで情報を知りたい人向け に、自分のマシンで起きてることを、雑ではありますがまとめておきます。

(2020/09/18 14:00追記: beta7にするとDocker使えるようになっていました

動作環境

2019のMacbook Pro 15インチ。Mojave→Catalina→Big Surとアプデしてきた。

今は、Big Surの beta6 20A5364e

f:id:YusukeIwaki:20200918095620p:plain

このブログを書いているときに、beta7が降ってきていたので、もしかしたら事象は改善されているかもしれないけど、とりあえず今回はbeta6で起きたことのまとめです。

Homebrewが動かない?→いえ、動きます。が・・・

Homebrewは全然動かないわけじゃないんです。

Xcodeコマンドラインツールは ここ から取ってきていました。たしか 12 GM Seedっていうバージョンの。

(今あらためて見たら 12の正式版がリリースされていたので、状況は変わっているかも)

んでもって、いつもどおりDartをアプデしようかなーとおもったら

$ brew install dart
Updating Homebrew...
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 2 taps (homebrew/core and homebrew/cask).
==> Updated Formulae
Updated 26 formulae.
==> Updated Casks
adoptopenjdk        datagrip            goland              loom                pycharm-ce          tagspaces
ajour               difffork            hookshot            manictime           qt-creator          ubersicht
amazon-workspaces   diskcatalogmaker    icollections        marvin              razorsql            uu-booster
appcode             djay-pro            iexplorer           megasync            screen              vassal
blueharvest         epic-games          juicebar            navicat-premium     sitebulb            visual-studio-code
cellprofiler        expressvpn          lando               parallels-client    sqleditor           vitamin-r
cleanmymac          feed-the-beast      lastpass            pgadmin4            stack               vrew
clion               gemini              lens                pppc-utility        swifty              whatroute
dashlane            geneious-prime      loaf                pycharm             tableplus

Warning: You are using macOS 11.0.
We do not provide support for this pre-release version.
You will encounter build failures with some formulae.
Please create pull requests instead of asking for help on Homebrew's GitHub,
Discourse, Twitter or IRC. You are responsible for resolving any issues you
experience while you are running this pre-release version.

==> Installing dart from dart-lang/dart
==> Downloading https://storage.googleapis.com/dart-archive/channels/stable/release/2.9.3/sdk/dartsdk-macos-x64-release.
Already downloaded: /Users/yusuke-iwaki/Library/Caches/Homebrew/downloads/641b698f2a5f7f1e1b1feda13fc26c1fdf653af04cfc89928365888186c9044e--dartsdk-macos-x64-release.zip
Error: Your Xcode does not support macOS 11.0.
It is either outdated or was modified.
Please update your Xcode or delete it if no updates are available.

こんな感じのことを言われます。XcodemacOS 11.0をサポートしていない?(え??まじ??)って感じのエラーがでます。 xcode-selectXcode 12 GMを指定しても、コマンドラインツールを指定しても同様のエラーです。

ただ、全部が全部こういうエラーになるわけじゃなくて、正常にインストールできるものもあります。

$ brew uninstall imagemagick@6
Uninstalling /usr/local/Cellar/imagemagick@6/6.9.11-29... (1,478 files, 24.5MB)
HW-1997:~ yusuke-iwaki $ brew install imagemagick@6
Updating Homebrew...
Warning: You are using macOS 11.0.
We do not provide support for this pre-release version.
You will encounter build failures with some formulae.
Please create pull requests instead of asking for help on Homebrew's GitHub,
Discourse, Twitter or IRC. You are responsible for resolving any issues you
experience while you are running this pre-release version.

==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/imagemagick%406-6.9.11-29.catalina.bottle.tar.gz
Already downloaded: /Users/yusuke-iwaki/Library/Caches/Homebrew/downloads/124dabc19195df8d21fe14fc9dfb6f675da2f61107b66fef885baafe8d29c981--imagemagick@6-6.9.11-29.catalina.bottle.tar.gz
==> Pouring imagemagick@6-6.9.11-29.catalina.bottle.tar.gz
==> Caveats
imagemagick@6 is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local,
because this is an alternate version of another formula.

If you need to have imagemagick@6 first in your PATH run:
  echo 'export PATH="/usr/local/opt/imagemagick@6/bin:$PATH"' >> /Users/yusuke-iwaki/.bash_profile

For compilers to find imagemagick@6 you may need to set:
  export LDFLAGS="-L/usr/local/opt/imagemagick@6/lib"
  export CPPFLAGS="-I/usr/local/opt/imagemagick@6/include"

For pkg-config to find imagemagick@6 you may need to set:
  export PKG_CONFIG_PATH="/usr/local/opt/imagemagick@6/lib/pkgconfig"

==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/imagemagick@6/6.9.11-29: 1,478 files, 24.5MB

Homebrewの中身はそんなに詳しくないので、違いまではわかりません・・・

(2020.10.18追記: Xcode Command Line Toolを12.2まで上げるといけるらしい → Error: Your Xcode does not support macOS 11.0.が出た時の対処方法)

Androidエミュレータ →使えません

Android StudioはCanaryではないけど最新の状態です。

f:id:YusukeIwaki:20200918093816p:plain

エミュレータの作成まではできます。

f:id:YusukeIwaki:20200918093911p:plain

しかし起動しません。

f:id:YusukeIwaki:20200918093920p:plain

エミュレータが固まっているだけ、という感じではなくて、Android Studioごと完全にフリーズしています。Android Studioを強制終了しないと復帰できません。

Genymotionも使えない

アンインストールしちゃったのでスクショはとれませんが、VirtualBoxがエラーを吐いて起動しませんでした。

VirtualBox →使えません

もうアンインストールしちゃったのでスクショはとれませんが、VMが起動しませんでした。

Docker →使えません

私は仕事でRailsアプリケーション書いているので、これが最強にやばい。beta5までは使えていたのに、beta6にしたらです。

docker-compose run xxx した瞬間に OSごとクラッシュ します。

「シューーー!、パッチーン!」って電源が切れるので、結構迫力ありますw

f:id:YusukeIwaki:20200918094616p:plain

issueが上がっているっぽいんですが、まぁなんともドライな回答w

2020/09/18 14:00追記: beta7にするとDocker使えるようになっていました!!

$ docker-compose run --rm firefox bash
Creating puppeteer-ruby_firefox_run ... done

circleci@d35ed6acf206:/puppeteer-ruby$ 

頑張って仕事するには?

総じて色々使えないので、業務に支障は出ましたw

こんなところで頑張りたくはないんですが、仕事しないと怒られるので仕事する方法も少し書いておきます。

VMWare Fusionを使う

f:id:YusukeIwaki:20200918094903p:plain

Dockerが使えないところは、これである程度カバーできます。ただ、VMWareにもバグがのこっていて、 1CPU 2GBの構成から変更しようとするとVMWareがクラッシュしましたw

Tweetは表記ミスです、ごめんなさい)

DockerはLinuxで使うと軽いので、1CPU 2GBでもRailsアプリケーション動かすくらいなら余裕です。ただ、ボリューム共有がDocker for Macnfs使わないやつ)並に遅いので、そこだけ我慢しましょう。

Androidは実機でデバッグ

ADBは使えるので、実機でデバッグはできます。

まとめ

まだBig Surではいろいろ動かないので、エンジニアの皆さん一緒に頑張りましょう。

puppeteer-rubyをFirefoxに対応させた

puppeteer-ruby

9/1くらいに思い立って、

からの、9/8にFirefox対応をリリースしてみた。

image

どんな感じで開発してたかを少しだけ書いておこうかなと思う。

続きを読む